捨てられなかったマンガ達について話したい


by comic_robo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

松本大洋「花男」

f0147033_113070.jpg


--------------------------------
私が読んだ本:松本大洋「花男」全3巻(ビックスピリッツコミックス、小学館)       
-------------------------------
長島茂雄を敬愛し、いつか巨人軍の4番を夢見て妻子と離れ日々野球修行に励む風変わりな男。実は、かつて高校野球屈指のスラッガーで、なぜかプロにいかなかった今でも町内の人々はみな彼のファンである。 別居していた息子の茂雄が、突然花男と共同生活をするところから物語は始まる。淡々と話が進むが、それまで父親を蔑視しているかの言動を繰り返していた茂雄が、「一緒に暮らそう」と花男に言った言葉がトリガーとなり、花男は巨人入りを決断する。不振にあえいでいた巨人も、かつては拒否し花男がプロ入りしなかった原因となった花男の過大な要求を飲む。それは、背番号「3」のユニフォームであった。花男は入団発表の日に代打サヨナラ満塁ホームランを放ち鮮烈なデビューを飾る。ラストは日焼けした姿で野球に励む茂雄、花男が野球修行にはげんだ町の光景で終わる。


おそらく、私がここ10年くらいで 一番繰り返し読んでいる作品。何がいいのかと考えるに、ノスタルジー、アナキー、シュールが混在した雰囲気と情景。ところどころに垣間見れる家族愛、友情、思いいれ。最後に胸のすくような一発!。というのが私の感性にストレートに入ってくるのかもしれません。
「冷たいか、茂雄。それが海だ!!」「そしたら二人で秋ナス食って、ふふふ。バンダイの野球ゲームだァ。」最後の「ビリビリしたァ!!」などなんとなく胸にしみこむセリフもたくさんあります。

何かを感じさせ、作品全体がちゃんとまとまっているところが作者の力量を感じます。もっとも、松本大洋氏は、その後いろいろな作品を発表し、今や漫画界に確固たる地位を築かれていますが、私はこの作品以外読んでいません。この作品がとても良いので他の作品に移ることがなかなかできないのかもしれません。

さて、主人公の花男はいつも目の下に反射防止の墨を塗っています。(あるいは、眼窩の突起かもしれませんが。。)手塚ファンの私には、この花男の顔が魔神ガロンに、そして、茂雄はガロンの良心であるピックに見えてしまいます。実際、作中でも茂男は花男の言動に大きい影響を及ぼす存在として描かれています。もちろん、これは私の勝手な思い込みですれど。。。



------------------------------------
今でも読める本:松本大洋「花男」全3巻(ビックスピリッツコミックススペシャル、小学館)
------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-11-28 01:02 | 青年マンガ
f0147033_5572670.jpg

------------------------------------
私が読んだ本:まんが:荘司としお、原作:高原弘吉「魔球の王者」全3巻
                        (キングコミックス、少年画報)       
------------------------------------
不慮の事故で野球の選手生命を絶たれた丸目鉄心は、素質のある孤児たちをひきとって山中にこもり野生児として育てながら野球の猛特訓を続ける。一方の丸目のライバルだった平賀も野球塾をつくり徹底した科学トレーニングで子供たちを鍛えていた。いずれも目的は、野球の超人チームをつくり大リーグを破ることだった。世間から隠れひっそりと鍛錬してきた超人チームであったが、しだいにその存在が知られていくことになり、さまざまな事件に遭遇する。最後は、丸目、平賀合同チームがアメリカに渡り大リーグの選抜チームを破るシーンで終わる。


この本が出た昭和40年代は、少年たちにとって野球が一番人気があるスポーツで、王、長島などは国民的ヒーローだった。しかし、日本野球と大リーグとの実力差は免れず、時折来日する大リーグのチーム、たとえばドジャース、オリオールズなどには歯がたたなかった。太平洋戦争の敗戦についての複雑な感情もあって、この作品のように、日本のスーパーマンが大リーグをこてくぱんにやっつける。というストーリーは日本人にとって胸のすく空想ロマンだった。イチローや松坂が大活躍している現在では、想像がつかないが、そういう時代だったのである。

庄司としお先生はすでに「夕焼け番長」をヒットさせていたが、この後「サイクル野郎」というロングランのヒット作も生み出した。
------------------------------------
今でも読める本:荘司としお、原作:高原弘吉「魔球の王者」全3巻(コミックパーク)
------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-10-27 05:57 | 少年マンガ
f0147033_2338629.jpg

-------------------------------------
私が読んだ本:絵吉田竜夫、原作:梶原一騎「ハリス無段」全3巻
                        (サンデーコミックス、秋田書店)       
-------------------------------------
(ストーリー)
黒い柔道着、白い帯で講道館柔道に挑戦するため上京してきた風巻竜は、ハリス博士とともにハリス流柔道を立ち上げるが、元来の正義感から講道館に挑戦して来る古武術の達人、海外の強敵などと闘いつづけ、しだいに日本柔道の守護者的立場となる。ハリス流スクリュー落とし、五輪回転投げなど必殺技もあみだしはてしない闘いを続け行く。


タイトルにつけられた「ハリス」は、ハリスガムを販売していたカネボウがスポンサーとしてタイアップしていたためで、連載されていた少年マガジンには毎号ハリスガムの広告が掲載されていた。ちなみに、ちばてつや「ハリスの旋風」もカネボウ提供でアニメ化されている。カネボウがスポンサーとなり吉田竜夫原作で竜の子プロでアニメ化された宇宙エースでもガムのようなものを食べると強く少年ヒーローが登場する。

梶原一騎と吉田竜夫は、「チャンピオン太」でもペアを組んでいた、ハリス無段は、梶原一騎原作作品としては、初期のものだが、次々現われるライバル、山ごもり特訓などであみだした必殺わざ、ストーリーの合間につづられる人情話など梶原作品のエッサセンスはすでに確立されている。

子供は誰が原作だろうと中身が面白いことがすべてである。子供にとって梶原作品は本格的な格闘技が描かれている最初のものだったように感じていたと思う。それまでも、柔道漫画はあったが、人情話的要素が強く格闘技そのものは、ちゃんと描かれていなかったように思われた。

秋田書店のサンデーコミックスは、必ずしも連載された順番に単行本としていない場合が多い。話しが不自然なところもあるので、この本もたぶんそうだったと思われる。主人公は「無段」だが、確かあまりに強いので自分は「100段」と自称するライバルなどもいたと思うが、この本ではカットされているようである。「100段」が出て来るなんて、いかにも少年マンガらしい“やんちゃさ”である。
-------------------------------------
今でも読める本:漫画:吉田竜夫、原作:梶原一騎「ハリス無段」上、中、下(マンガショップ)
-------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-10-17 23:38 | 少年マンガ
f0147033_2581740.jpg

---------------------------------
私が読んだ本:川崎のぼる「アニマル1」全4巻(ゴールデン・コミックス、小学館)       
---------------------------------
元気でやんちゃな中学生の東一郎は、父親と七人兄弟とで船上生活をしている。転校した中学校でレスリング部に入ると、生来の負けん気と素直さでめきめきと強くなって行く。いろいろなライバルも登場。必殺わざも開発。最後にはメキシコオリンピック日本代表(中学生なのに!)に選ばれ金メダル獲得を誓うシーンで終わる。

1967年少年サンデー連載作品。メキシコオリンピックの前年で、当時日本が強かったレスリングを取り上げた。スポ根マンガがまっさかりで、他にないスポーツを題材とする企図があったと思われる。

本題のレスリングはともかく、一郎の兄弟達が紙上で元気に暴れているのも本作品の特徴で、そこに描かれた彼らの姿、ユーモアは、川崎作品のヒット作「いなかっぺ大将」を彷彿とさせる。海族ごっこ、一列に並んで銭湯など懐かしいシーンが多い。「貧しいけど、明るく元気」という当時のマンガの定型的なモチーフではあるが、暗さを感じさせない。

この作品で私にとって最も印象的なシーンは、ラストで一郎がオリンピック代表となった時、他の兄弟達が新聞記事を切り抜き額に入れて一郎に見せたシーン。一郎の弟達は、版組の関係で凸凹していた一郎が書かれている部分をそのまま切り取り、額も凸凹の形で作った。これを見た一郎は、涙ちょちょぎれでずっこける。兄弟達はいつも一郎を心より応援してきたが、その象徴的シーンであった。この凸凹額縁のシーンは、私をいつも感動させ、爽快な笑いにさそうのである。

----------------------------------
今でも読める本:川崎のぼる「アニマル1」全5巻(イーブックジャパン(電子書籍))
----------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-10-01 02:58 | 少年マンガ
f0147033_154538.jpg

f0147033_11082.jpg

-------------------------------------
私が読んだ本:五十嵐浩一「ペリカンロード」全14巻(ヒットコミックス、少年画報社)
       五十嵐浩一「ペリカンロードⅡ」全5巻(ヤングキングコミックス、少年画報社)
-------------------------------------
ペリカンロード:
優等生の憲一があこがれの原付バイクを手に入れてから、いろいろな事件を経験しながらライダーとして人として成長していく物語。最強の族FHHとの抗争に巻き込まれるが、しだいにFHHのリーダー坂上との友情を育んでいく。しかし、坂上はアーミーとの抗争で憲一の目の前で壮絶な最期をとげる。。。その後は、残された人々の葛藤を描く。

ペリカンロードⅡ:
叔父がバイク事故で亡くなり、母にバイクを禁止されていた冬馬。内緒でバイクに乗り始めてから、今はなき幻の最強チームの存在を知る。手がかりは「f」という文字。このfこそ、初代リーダー坂上が築き上げたFHHで、叔父雅美はその四代目のリーダーだった。FHHの宿敵ザウと冬馬の軋轢をきっかけに、雅美の甥である冬馬を守るため、かつてのFHHのメンバーが再び集結しザウと対決。ともに大半のメンバーを失う悲惨な抗争を繰り広げ事件は収束。「f」も静かに去っていく。

最初の作品が発表されたのは1983年、Ⅱは2002年で約20年のインターバルがある。ペリカンロードは好きな作品だったので、最近マンガの新作はほとんど読んでいないが、ペリカンロードⅡを書店で見つけた時思わず買ってしまった。実際に読んで見ると、あの凶暴なFHHが見え隠れしていたり、最初の作品に登場したキャラも何人か出てくるので大変感慨深かった。

両作品とも、坂上、雅美それぞれの死が重要なモチーフとなっている。いずれも、仲間から離れた単独行動の果てに亡くなったため、残された仲間は、答えなき死の理由探しと償いのために、果てしなくさまようことになる。作品全体のトーンはやや暗め。特にペリカンロードⅡは、かなりバイオレンスなシーンが多い。連載された雑誌が、少年誌から青年誌になっためか?、あるいは、刺激的に描かないとアピールしない時代となったためであろうか?FHHが出てこないと、ただの族マンガに見えるかもしれない。

冬馬が危機に陥った時、かつてのFHHメンバーの過去にこだわり煮え切らない態度に業を煮やし、冬馬の仲間の清純が叫ぶ以下の言葉には、自分の言動に重なる部分もあっためドキッとした。

曰く
「昔にしか いいことなかったみてえなセリフはたくさんなんだよ!」
「かっこいいことも すげえことも あんたらの過去にしかねえなんてアリかよ!!」
「じゃあ オレたちには なにもねえってのか!?」


-------------------------------------
今でも読める本:五十嵐浩一「ペリカンロード」全18巻(少年画報社文庫、少年画報社)
        五十嵐浩一「ペリカンロードⅡ」全5巻(ヤングキングコミックス、少年画報社)
-------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-08-30 06:00 | 青年マンガ

楳図かずお「笑い仮面」

f0147033_124255.jpg
-------------------------------------
私が読んだ本:楳図かずお「笑い仮面」(キングコミックス、少年画報社)
-------------------------------------
戦前の日本。太陽黒点の異常発達とアリ人間の発生の因果関係を指摘し逮捕された式島博士は、高温に熱せられた仮面を永久にかぶせられる「笑い仮面の刑」に処され投獄されるが脱獄しいずこかに消える。戦後は、地球が灼熱地獄と化しても人類が生存できる方法を探るためアリ人間の研究を始めるが、外に逃げたアリ人間が村人を次々にアリ人間に変身していく。式島博士は、自ら自爆してアリ人間化した村人を葬り去る。その後太陽の黒点はますます増加していくが。。。

月刊少年画報に連載された時から気味悪い作品と思っていた。そのころ楳図かずおは、すでにホラー物、怪奇物で有名だった。(少年マガジンのひびわれ人間は、今でも怖い!)来るべき地球の環境変動に対応して人間が怪物に変身するというモチーフは半魚人などでも取り上げられているが、アリ人間が追いかけてくるシーンはなんとも恐怖だった。

その後、まことちゃんなどで、ギャグ的要素も多くなるが、今でも絵は何となくこわい。(小生のトラウマになっているかもしれませんね。)笑い仮面は、顔は笑っているが、やってることは怖い。まさに楳図作品の特徴である、「面白怖(おもこわ)」の典型だったようである。

ちなみに、作家紹介コーナーなどで、楳図先生は明るい青年として紹介されている。少年マガジンの表紙に当時の第一線の作家の集合写真が掲載されているが、確かにハンサムな青年だった。今では、すこしぶっとんでいる感じだが。。

怖いけど、何故か手放せない本です。

-------------------------------------
今でも読める本:絶版?
-------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-08-23 01:30 | 少年マンガ

寺田ヒロオ「暗闇五段」

f0147033_133912.jpg
-------------------------------------
私が読んだ本:寺田ヒロオ「暗闇五段(上下)」(ゴールデンコミックス、小学館)
-------------------------------------
五船十段のもうれつ道場で育った倉見は五船十段の一人娘のオニ姫の婚約者で、若先生として道場の跡継ぎとして将来を嘱望されていたが、これを妬む熊手五段の策略で深い谷川に落とされ記憶と視力を失い、あちこちを放浪する身となってしまう。その後、倉見の純粋な気持ちに動かされた後援者の支援のもと身体にしみこんだ柔道の技を頼りに暗闇五段として武者修行の旅に出てしだいにその名をとどろかせるような存在となる。ラストは、再び熊手の謀略で谷川に落とされそうになったショックで記憶と視力が回復。日本王者戦で熊手五段を破りオニ姫と再会して、みんなに祝福されるシーンで終わる。

寺田ヒロオ作品の主人公は、正々堂々、正直一路であくまでまっすぐな生き方が特徴であるが、この作品の倉見はその典型的な例である。主人公と悪役熊手の生き方を対称的に描き、また、若先生を慕う少年達、倉見を想うオニ姫の気持うなどを、抑えられた表現で淡々と描いている。今のマンガ作品には見られない表現手法だが、じんわりと読者の心に響いてくる。

寺田ヒロオは、商業主義が徹底され、刺激的で売れれば何を描いても良いというモラルハザードになっていくマンガ界に失望しマンガ活動を休止する。(といっても昭和40年代なので、今よりはずっとのんびりしていたのですが。。。)

「スポーツマン金太郎」「もうれつ先生」「背番号0」など明るく夢のある作品群の多くは、絶版で今読むことは難しいが、若いマンガファンには、このようなマンガもあったことを忘れないでいただきたい。復刊が望まれる。



-------------------------------------
今でも読める本:絶版?
-------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-08-12 03:25 | 少年マンガ
f0147033_144828.jpg
-------------------------------------
私が読んだ本:水木しげる「河童の三平」全3巻(サンコミックス、朝日ソノラマ)
-------------------------------------
山奥の一軒家におじいさんと住む河原三平は河童とそっくり。ひょんなことで河童一族と知り合い人間界に勉強のため派遣された河童の三平を家の連れ帰る。それから、こびとの親子、タヌキの子供、サラリーマン死神などと繰り広げる奇想天外の物語。

河童の三平は「ゲゲゲの鬼太郎」、「悪魔くん」とならぶ水木しげるの三大代表作のひとつですが、紙芝居、兎月書房の貸本版、月刊ぼくら版、少年サンデー版などいろいろなところで描かれており、微妙に違うので、作品について語る場合、どの本で読んだかが重要です。
私が愛読しているサンコミックスの河童の三平は、どうも少年サンデー版だったようで、その後、貸本版も読みましたが、昔から私の脳裏にサンコミックスの河童の三平が擦り込まれているらしく、この本で読む河童の三平が一番好きです。

河童世界を救うため河童大王ストトントノスの秘宝を求める壮大な旅を描いた「七つの秘宝」は、インディージョーンズの前にすでに、神秘考古学の分野を描いた傑作だと思います。

生(この世)と死(あの世)を行ったり来たりするのは、水木作品の特徴の一つで、しばし読者の死の恐怖を和らげてくれます。この作品でも、おじいさんが死に、最後には主人公の三平も死んで死神にみちびかれながらあの世に旅立ちます。それぞれの死は淡々としかし厳然と描かれます。三平は鬼太郎のようなオールマイティな存在ではないので、かえっていつか人に必ず訪れる死というものを感じざる終えません。おじいさんは、三平にご先祖様のことを話して旅立ちました。しかし、三平の場合は、おかあさんをたつたひとり置いて突然逝ってしまいます。河原家は断絶してしまったのでしょうか?なんとも寂しいラストです。

また、この作品では、「屁」が重要な役割を果たしています。特に「屁道」に登場する無臭仙人が語る「「屁の道」は きびしくつらく、また、むなしいものである。」という言葉は、私も何十年もの間座右の銘とした名言です。



-------------------------------------
今でも読める本:水木しげる「河童の三平(全)」(ちくま文庫、筑摩書房)
-------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-08-04 00:48 | 少年マンガ
f0147033_154835.jpg
-------------------------------------
私が読んだ本:槇村さとる「半熟革命(レボリューション)」全3巻(マーガレットコミックス、集英社)
-------------------------------------
田舎からあこがれの東京に出てきたが、勘違いで千葉の浦安に住み始めたハナ。大家さんは、浦安生まれの変なオカマさん(?)、実はNY帰りの大物ビデオアーティストだったジロー。老舗お茶屋さんの御曹司で2年間だけ遊学を許され上京した、いつもポーっとしているカズオ。世間からおちこぼれがちな「あぶらむし」3人が一生懸命自分探しをしていく姿を描く。

今東京に住んでいる人の大多数が、かつてはお上りさん出身ですよね。実は私もそうなんですが、最初のうちはガイドブックや情報誌片手にいろんなとこ行ったもんです。確かにそれなりに充実してましたが、しだいに落ち着くとお上りさん熱もさめてきて「アレって何だったのかな?」と我に返る時ありますよね。意味なかった、無駄だと思わないで、自分に磨きをかけたと前向きに思う事にしています。

半熟革命を最初に見かけたのは、ぶあつい別冊の特集(なんて雑誌だったかな?今度実家で調べておきます。。)だったたけど、私のお上りさん熱がちょうど落ち着きはじめた頃でした。なんとなく、私の感性にフィットしたので一気に読んでしまいました。槇村作品は、結構昔から別マなんかで読んでたけど、これが一番好きかもしれません。(というその後の作品は、ほとんど読んでないんです。)この本は、近くに置いて定期的に読んでいます。もしかしたら、時間とともに変化していくわたし自身の生き方の現座標を確認してるのかな?

インターネットや携帯電話はまだなかった頃でした。今だったらどんな話になるのでしょう?一見便利なものが溢れている今の方が、自分探しは難しくなっているかもしれませんね。

この本の奥付を見るとなんと1986年の本!20年も経っているのですね。


-------------------------------------
今でも読める本:槇村さとる「半熟革命(レボリューション)」全2巻(集英社文庫(コミック版))
-------------------------------------
[PR]
# by comic_robo | 2007-07-19 00:57 | 少女マンガ
f0147033_164588.jpg
--------------------------------------
私が読んだ本:水島新司「下町のサムライ」全3巻(キングコミックス、少年画報社)
--------------------------------------
下町の裕福でない家庭に育つ吾郎。周囲にも同じ境遇の少年達がたくさんいて、みんな一生懸命働いている。この作品では、どんな試練に対してもくじけず明るく前向きにがんばる吾郎が、親友のチビ、力丸達とともにスポーツ、特にサッカーを通して人として成長していく姿を描く。裕福な階層との軋轢もリアルに描かれている。

私が最初にこの作品を読んだのは、少年キング連載時で、昭和41年頃でした。相撲を題材とした読み切り短編から連載に移行したと記憶しています。水島新司といえば野球マンガで有名ですが、このころは野球をテーマにした作品はあまり描いていませんでした。大阪の日の丸文庫から下町の人情物のような作品を多く発表していたと思います。

下町のスポーツ少年の物語と言えば、先にちばてつやの「ハリスの旋風」がヒットしており、「下町のサムライ」はその影響を濃く受けているようです。「ハリスの旋風」は後世に残る名作で私も大好きな作品です。これに対して、「下町のサムライ」は、あまり有名な作品ではないかもしれません。でも私は水島新司といえば、この作品が一番好きなんです。この作品を今読み返してみると、薄汚れた街、その街でうごめく恵まれない人々など、作品のトーンはやや暗めです。しかし、昭和30年代といえば。日本はまだまだ全体的に貧しく、びんぼうである事はむしろ普通の状態でした。みんな、継ぎ当てした服を着てましたし、落ちてる鉄をくずやさんに売ったりしたもんです。私は当時、大阪の同じ様な街の近くに住んでおり、吾郎のような少年はたくさんいました。
このため、むしろ身近な世界のドラマとして、この作品を受け止めていたのかもしれません。とにかく私には忘れられない作品です。

ちなみに、吾郎の親友の一人、力丸のあだなはドカベンです。名作ドカベンの世界はこの作品が雛形かもしれません。というより、水島先生はいつの時代も同じ下町人情の世界を描き続けられているのですね。

水島先生は、今年で画業50年とのことです。
[PR]
# by comic_robo | 2007-07-14 21:57 | 少年マンガ